エレベーターの独立系メンテナンス・保守会社とは?メーカー系と何が違う?

maker-independence-difference

皆さん、エレベーターのメンテナンスは、どこに依頼していますか?

エレベーターのメンテナンス・保守会社には、大きく「メーカー系」と「独立系」の2種類に分けることができます。

この2つの大きな違いは、エレベーターのメンテナンス費用。つまり、ランニングコストです。

もし、現在、エレベーターのメンテナンスを「メーカー系」に依頼しているなら、「独立系」に乗り換えることで、年間のメンテナンス費用を節約できる可能性があります。

このページでは、エレベーターのメンテナンス会社の「メーカー系」「独立系」の違い。それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

「メーカー系」と「独立系」の違い

メーカー系

メーカー系とは、エレベーターを製造している「メーカー系のメンテナンス会社」です。

例えば、三菱電機、日立製鉄所、東芝エレベータ、日本オーチス・エレベータ、フジテック等がメーカー系にあたります。 ちなみに、上記5大メーカーのエレベーター会社で総据付台数シェア90%以上を占めており、私たちが商業施設やマンションで利用する、ほとんどが5大メーカーのエレベーターとなります。

基本的に、メーカー系は、自社系列で製造したエレベーターのみメンテナンスを行います。

独立系

独立系とは、どこのメーカー系列にも”属していない”メンテナンス会社です。

基本的に、独立系は、メーカーに縛りがなく、どこのエレベーターメーカーでもメンテナンスを行います。

独立系メンテナンス会社を選ぶメリットとデメリット

メリット

独立系メンテナンス会社を選ぶメリットは、メンテナンス費用の”安さ”です。

一般的に、独立系は、メーカー系から顧客を獲得するために、安めに見積りを出します。
つまり、価格競争を積極的に仕掛けています。

一方、メーカー系は、”安心・ブランド力”を武器に、あまり値下げ交渉には応じないため、費用が割高になりがちです。

また、独立系が登場するまで、メーカー系は、「エレベーター本体を安く売り、メンテナンス契約で開発・製造コストを補うことが基本」とされていました。そのため、メーカー系のメンテナンス費用には、開発・製造コストが上乗せされ、保守費用が高くなる傾向があります。

独立系は、価格競争力に加え、エレベーターの開発・製造コスト等がかからないことから、メンテナンス費用が安い傾向があります。

デメリット

ただし、独立系にもデメリットがあり、やはり、「メーカー系と比べて技術的に不安」と感じてしまいます。

事実、一般的に、メーカー系の方がエレベーターメンテナンス会社としての歴史が長いため、自社製品に関しては、豊富な実績・ノウハウが蓄積されています。また、会社の規模が大きく、資金力もあるため安心できます。

特に、地震などの自然災害が発生したときの災害対応体制は、メーカー系の方が高いと言えます。
※ただし、官公庁、高層ビルが優先になり、民間マンションが後回しになるケースが多いのも事実です。

部品の供給は大丈夫?

さらに、独立系の不安要素として「エレベーターが故障したときに、必要な部品を入手できるのかどうか」が挙げられますが、この点は、心配ありません。

確かに以前は、メーカー系が独立系に部品を供給しないケースがありましたが、1985年(昭和60年)に「メーカーが部品を売らないのは独占禁止法違反に当たる」として、独立系メンテナンス業者が団結して訴訟を提起し、1993年(平成5年)7月に大阪高裁で勝訴しました。

その結果、メーカー系から独立系にエレベーターの部品供給が行われるようになっています。

また、その後、一部のメーカー系が「故意に納入を遅らせる」「不当な高値で売ろうとする」など、”売り渋り行為”をした際は、公正取引委員会が勧告を出し、是正させています。

最後に

メーカー系に技術力がある、独立系にはない、という訳ではなく、結局は、担当者次第です。

メーカー系であっても知識の浅い担当者が付く場合がありますし、独立系であっても、元々メーカー系に勤めていた経験豊富な技術者が付く場合があります。もちろん、その逆もまた然りです。

メーカー系、独立系とひとくくりにするのではなく、その会社の経営姿勢も考慮し、価格、対応力、安心性などを総合して、今後、長く付き合っていけるエレベーターのメンテナンス会社を見つければ良いのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国対応、現地調査・診断は無料!
昇降機・エレベーターのメンテナンス・保守点検に関するご質問(安全面・法律・価格)等、お気軽にご連絡ください。

当社スタッフがお客様の昇降機(エレベーター・簡易リフト・小荷物専用昇降機)の状況(使用年数、故障箇所、不具合)等を伺い、必要であればリニューアル・部品交換も視野に入れた最善策をご提案いたします。

アイニチは、東京・大阪・名古屋・福岡の全国4箇所の拠点だけでなく、
専門会社とパートナーシップを結び、全国すべての都道府県をカバーしています。(一部離島を除く)
全国どこでも迅速な対応が可能です。

メンテナンス・保守点検のお問合せ

関連記事