1.  >
  2. メンテナンス・保守点検

メンテナンス・保守点検/エレベーター・簡易リフト・小荷物専用昇降機

あらゆる種類のリフト・エレベーター、メーカーに対応
安全第一、明瞭かつ適正価格の見積りを作成

昇降機・エレベーターの性能・安全を保持するために保守点検・メンテナンスは必要不可欠です。
当社はこれらのアフターフォローを全国対応致します。
当社では、以下の理由からメンテナンス・保守点検をおすすめします。

点検中メンテガイドシューネジ

Reason-1不具合の早期発見で、トラブルを未然に防げます。

専門知識・技術を持つスタッフがメンテナンス・保守点検を行います。
熟練者がメンテナンス・保守点検を行うことで、昇降機・エレベーター異常の早期発見・対応が可能です。

トラブルが発生してからの対応になると、改善までの時間や費用が多く必要となり、その間昇降機が使えなくなってしまいます。
また、人身事故が起こった場合、昇降機の対応のみでは終わりません。

Reason-2万一のトラブル発生時、低コストで迅速な対応が可能です

メンテナンス・保守点検の契約を結んでいれば、天災などで昇降機・エレベーターに故障が発生した際、
今までの点検情報をもとに、最小限の準備時間とコストで対応致します。

メンテナンス・保守契約を結んでいない昇降機は、現状が分からないため状況確認後の再訪問となるケースが高く、 出張費用や対応時間がより多く必要となる可能性があります。

Reason-3点検は法令で義務づけられています

昇降機・エレベーター検査資格を持つスタッフが、使用者様の代行で点検を行います。
※年1回の法定検査が必要なエレベーターに関しては、国家認定の昇降機検査資格者による検査・報告諸手続きを行います。

労働安全衛生法の規定により、簡易リフトは月に一度の自主点検を行わなければなりません。
また、行った毎月の点検記録を3年間保存する事も、同様に定められています。

エレベーターの法令に関して
労働安全衛生法に規定する「特定機械等」のエレベーター検査を性能検査といい、建築基準法第12条第3項に規定する昇降機等の検査を定期検査といいます。性能検査及び定期検査のいずれも1年に1回の検査を受けなければなりません。

建築基準法検査済証
→建築基準法による
年一回の定期検査により発行されます。

エレベーター建築基準法検査済証

労働安全衛生法検査済証
→労働安全衛生法による
年一回の性能検査により発行されます。

エレベーター労働安全衛生法検査済証

メンテナンス・保守点検に関する法令を見る

メンテナンス契約の種類

2種類の契約プランがあります。ご相談いただければ最善のプランをご提案致します。

フルメンテナンス(FM)契約
メンテナンス費用に部品交換・修理の費用が含まれる契約です。
通常使用において、通常故障発生すると予測される部品の交換、修理費用が含まれています。

POG契約の特徴
メンテナンス費用に部品交換・修理の費用が含まれない契約です。
一定範囲内(ランプ球等)、消耗品の交換は、メンテナンス費用に含まれますが、それ以外の部品交換・修理は、別途契約・費用がかかります。

フルメンテナンス・POG契約について詳しく見る

昇降機の種類別/メンテナンス・保守点検

マンション・ビル・工場・倉庫・飲食店・店舗等、あらゆる場所に対応しています。

エレベーター
エレベーター
ホームエレベーター

詳しく見る

人が乗る
「人が挟まる」「人の閉じ込め」「人の転落」等の人身事故を未然に防ぎます。

簡易リフト
簡易リフト
荷物用エレベーター

詳しく見る

荷物を運搬
不具合を早期発見することで稼働率を向上、業務遅延リスクを最小限に抑えます。

小荷物専用昇降機
小荷物専用昇降機
ダムウェーター

詳しく見る

小さい荷物を運搬
部品を在庫として保管。万が一、トラブルが発生した時は素早く備品を調達します。


事故・トラブルを未然に防ぐためにメンテナンス・保守点検は重要です

リフト・エレベーターの部品に故障・不具合が発生したときの事故例

巻上機

巻上機

かごを昇降させる装置。巻上機に不具合が発生すると閉じ込め事故等に繋がります。

さらに詳しく見る

制御盤

制御盤

不具合が起きると、かご、操作スイッチ、安全装置等が正常に動作しなくなります。

さらに詳しく見る

リミットスイッチ

昇降機のリミットスイッチ

安全装置。不具合が起きると「身体が挟まる」「人の落下」等の事故に繋がります。

さらに詳しく見る

ファイナルリミットスイッチ

ファイナルリミットスイッチに不具合が起きた時の危険性

最終安全装置。不具合が起きると万が一の事故時、床や天井に衝突してしまいます。

さらに詳しく見る

素線切れ

素線切れ写真

ワイヤーロープの素線が切れる状態。1つの素線切れが突然の破断に繋がります。

さらに詳しく見る

ドアロック

ドアロックに不具合が起きた時の危険性

安全装置。ドアロックに不具合が起きると開かないはずのドアが開いてしまいます。

さらに詳しく見る

グリス不足

グリス不足による振動と音イラスト

グリスとは潤滑剤の一種。不足するとガタガタゆれる、音がなる等の原因となります。

さらに詳しく見る

ガイドシュー

ガイドシュー

コの字型の部品。ガイドシューに不具合が発生すると振動や異常音の原因となります。

さらに詳しく見る

落下防止装置

落下防止装置

かごの落下を防ぐ装置です。かごが何らかのトラブルにより落下した時に作動します。

さらに詳しく見る


部品別、事故・トラブル例一覧を見る

安全・安心・快適に昇降機・エレベーターを使用するためにメンテナンス・保守点検は重要となります。
また、簡易リフト・小荷物専用昇降機に関しては、安全にご使用頂くために禁止事項を守る必要があります。

簡易リフト・小荷物専用昇降機の安全対策と使用方法について


全国対応、現地調査・診断は無料!
昇降機・エレベーターのメンテナンス・保守点検に関するご質問(安全面・法律・価格)等、お気軽にご連絡ください。

当社スタッフがお客様の昇降機(エレベーター・簡易リフト・小荷物専用昇降機)の状況(使用年数、故障箇所、不具合)等を伺い、必要であればリニューアル・部品交換も視野に入れた最善策をご提案いたします。