エレベーターの敷居溝に異物が入ったことによる扉開閉の不具合

threshold-groove

エレベーターの扉の開閉がスムーズに開閉しない原因の一つとして、敷居溝にゴミや埃が詰まっていることが考えられます。

エレベーターの敷居溝とは

敷居溝とは扉開閉用の溝です。扉はこの溝に沿って開閉します。

エレベーターの敷居溝に異物が混入したまま使い続けると、「扉が閉まったり、開いたりを繰り返す」「扉が閉まりきらない」「異音」「ドアスイッチの動作不良」等の原因となります。

通常は、ビルやマンションの清掃業者やエレベーターのメンテナンス会社が敷居溝の清掃作業を行っていますが、敷居溝に小石、自転車の鍵などが入ると上記のような不具合が突然、発生する可能性があります。

エレベーターの敷居溝を清掃している様子
▲エレベーターのメンテナンス時に敷居溝を清掃している様子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国対応!現地調査・見積り・図面は全て無料です。
リフト・エレベーターのリニューアル・メンテナンスのことなら、お気軽にご相談ください。

アイニチは、東京・大阪・名古屋・福岡の全国4箇所の拠点だけでなく、
専門会社とパートナーシップを結び、全国すべての都道府県をカバーしています。(一部離島を除く)
全国どこでも迅速な対応が可能です。

リニューアル・改修・修理のお問合せ

関連記事