「着床位置がずれる」簡易リフトの改修工事・リニューアル

renewal-case-kapparelshop

このホームページを見たKアパレルショップ様から「昔から使われている簡易リフトが動作不良(たまに動かない)を起こしている。かご(荷台)が停止するときに段差ができるので修理してほしい。」というご依頼を頂きました。

不具合の原因
今回、着床位置(停止したときのかごの位置)がずれた原因は、かごを上げ下げする”巻上機”の不具合によるものです。具体的には、ブレーキのききが悪くなっていました。

また、簡易リフトの頭脳である”制御盤”も老朽化により、正常に動作しなくなっていました。

リニューアル内容
昇降機の種類 簡易リフト
場所 店舗兼事務所
リニューアルプラン 部分リニューアル
主なリニューアル箇所 巻上機、制御盤、かご、ワイヤロープ、操作スイッチ、リミットスイッチ

新しく簡易リフト設置をお考えのお客様はこちら
※当社運営のリフト・エレベーター新設サイトに移動します。

巻上機・ワイヤロープの交換

次の写真は、交換前の巻上機です。
巻上機本体とワイヤロープが錆(さび)ているのが分かります。

Before

巻上機before
巻上機

After

新しい巻上機
交換後の巻上機です。

かごの交換

交換前の写真です。こちらも長いこと使われてきたため、かごの床の錆が目立ちます。

Before

かご
かごの中
かごを上から

▲かごを上から撮影

解体したかご
▲解体したかご

次は、交換後の写真です。かごの外には、伸縮扉が付いています。
この伸縮扉には、ドアロック装置が搭載されており、かごが到着しないと開かない仕組みになっています。

After

かごと伸縮扉
かごを開けた様子
かごを上から撮影
▲写真左:かごを上から撮影
かごを上から撮影
▲写真右:新しいかごの部品

かごを上から撮影
▲ドアロックの写真

リミットスイッチの交換

リミットスイッチは、リフトの動作を制御する装置です。
この装置が故障すると、かごが停止位置で止まらなくなり、床や天井に衝突する危険があります。

Beforeリミットスイッチの交換前

交換後の写真です。
リミットスイッチとファイナルリミットスイッチが取り付けられています。万が一、リミットスイッチが故障したときは、ファイナルリミットスイッチが代わりに作動します。

Afterリミットスイッチとファイナルリミットスイッチ

操作スイッチの交換

操作ボタンも交換しています。
長く使っていると接触不良などにより、ボタンを押しても反応しなくなります。

Beforeリミットスイッチの交換前

ボタンが大きくなり、押しやすくなりました。

Afterリミットスイッチとファイナルリミットスイッチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国対応!現地調査・見積り・図面は全て無料です。
リフト・エレベーターのリニューアル・メンテナンスのことなら、お気軽にご相談ください。

アイニチは、東京・大阪・名古屋・福岡の全国4箇所の拠点だけでなく、
専門会社とパートナーシップを結び、全国すべての都道府県をカバーしています。(一部離島を除く)
全国どこでも迅速な対応が可能です。

リニューアル・改修・修理のお問合せ

現地調査・見積もり・図面は全て無料です。
リフト・エレベーターのリニューアル・交換を考えているけど、あまりわからない・・・
そんなお客様もご安心ください。
全国対応の当社スタッフがスピーディーに駆けつけます。
創業・昭和29年の実績とノウハウを駆使し、お客様それぞれのリフト・エレベーターに合ったリニューアル・交換をプロの目線でご提案させていただきます。
リフト・エレベーターのリニューアル・交換だけでなく、 新規設置・メンテナンスに関することもお気軽におたずねください。

関連記事