落下防止装置の働き

fall-protection-equipment

落下防止装置とは、その名の通り、リフト・エレベーターのカゴの落下を防ぐ装置です。
例えば、1階から2階に上がっている途中、かごが何らかのトラブルにより落下したとき、落下防止装置が作動し、落下を防止します。 ※落下防止装置が作動しないと床に衝突してしまいます。

<エレベーターの場合>
オーバースピードを検知した時に働く「調速機」、調速機とカゴを連結させている「SAF(非常止め装置)」、カゴ側面に取り付けられた「ガバナロープ」と呼ばれる部品が、落下防止装置として組み込まれています。

<小荷物専用昇降機(ダムウェーター)の場合>
カゴ側面に付いたローラーがガイドレールに接触しており、これが落下防止装置として働きます。

落下防止装置が稼働するケース

1、カゴを吊っているワイヤーロープの素線切れ、緩み等の放置
ワイヤーロープの破断は素線切れの放置で発生し、ワイヤーロープのゆるみは長期間使用により発生します。 どちらもメンテナンス・保守点検を行っていないと摩耗により発生する可能性が高くなります。

2、天災によるワイヤーロープへのダメージ
地震の揺れによってカゴを吊っているワイヤーロープがゆるんだり滑車から外れたりすると、落下防止装置が働きます。

落下防止装置でカゴの落下事故を回避出来ても・・・

落下防止装置によってリフト・エレベーターのカゴの落下を防ぐ事が出来ても、下記のような状況であれば復旧までに時間と費用がかかります。

  1. ワイヤーロープが切断している。
  2. 落下を食い止めた時の衝撃によってカゴが損傷・変形している。
  3. 途中階(階と階の間)で落下防止装置が働いてカゴが停止したため、カゴが閉じ込められた状態になる。

メンテナンス契約をしていれば、ワイヤーロープの素線切れ、ゆるみ等のトラブルを事前に発見して対応する事が出来ます。また、天災によってリフト・エレベーターのトラブルが発生した際も、定期的なご訪問でお客様の情報を把握しているため迅速なご対応が可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国対応!現地調査・見積り・図面は全て無料です。
リフト・エレベーターのリニューアル・メンテナンスのことなら、お気軽にご相談ください。

アイニチは、東京・大阪・名古屋・福岡の全国4箇所の拠点だけでなく、
専門会社とパートナーシップを結び、全国すべての都道府県をカバーしています。(一部離島を除く)
全国どこでも迅速な対応が可能です。

リニューアル・改修・修理のお問合せ

関連記事