エレベーターの臭い対策と掃除方法

elevator-smell-clean

エレベーターに乗ったとき、むっとした臭いで思わず息を止めたことはないでしょうか?

毎日、多くの人が使用するエレベーターは、特に汚れやすい設備です。

また、密室空間で換気が行き届きにくいため、生活臭、タバコの臭い、ペット臭など、臭いがこもりがちになります。

いくら綺麗で立派なマンション、ホテル、商業施設でも、エレベーター内が不潔だったり、悪臭があるとイメージが下がってしまいますよね・・・。

そこで、今回は、エレベーターの臭いを防止するための”お手入れ・掃除方法”についてご紹介します。

臭いの原因を取り除く

まずは、臭いの発生源なくすために、エレベーターを掃除して清潔にすることが大切です。

操作盤(スイッチ)の掃除方法

エレベーターに乗った人が必ず使用する”操作盤”は、手垢・油で汚れやすい場所です。

操作盤は、乾いた柔らかい布で拭く。または、柔らかい布を”水”や”中性洗剤(1%程度に薄めたもの)”に含ませて拭いた後、乾いた布で水分を拭き取りましょう。

※ボタン内部に水や洗剤が染み込まないように注意してください。

かご内、戸、三方枠の清掃方法

「操作盤(スイッチ)」と同様の清掃方法で大丈夫です。

※エッチング、つや消し仕上げ面がある場合は、粉末洗剤は使用しないでください。

床、タイルの清掃方法

ほうき、掃除機でゴミ・埃・泥などを取り除きます。

その後、よく絞った雑巾やモップで清掃したあと、乾いた布で水分を拭き取りましょう。

※かご内の床は、水で洗い流しをしないでください。

戸の敷居溝の清掃方法

溝にたまったゴミ、小石、泥などを取り除いてから、乾いた布で拭きます。

※敷居溝に、異物が混入したまま使っていると、扉がスムーズに開閉しない原因となります。

エレベーターの敷居溝を清掃している様子
▲エレベーターの敷居溝を掃除している様子

換気と消臭を行う

エレベーターの臭い対策には、換気も大切です。

床や壁の水滴は、乾いた布でよく拭き取り、臭いが気になる場合は、ファンを強めに設定するなど、できるだけ換気を行いましょう。

また、無香料の消臭剤を使うのも、ニオイ対策には効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国対応、現地調査・診断は無料!
昇降機・エレベーターのメンテナンス・保守点検に関するご質問(安全面・法律・価格)等、お気軽にご連絡ください。

当社スタッフがお客様の昇降機(エレベーター・簡易リフト・小荷物専用昇降機)の状況(使用年数、故障箇所、不具合)等を伺い、必要であればリニューアル・部品交換も視野に入れた最善策をご提案いたします。

アイニチは、東京・大阪・名古屋・福岡の全国4箇所の拠点だけでなく、
専門会社とパートナーシップを結び、全国すべての都道府県をカバーしています。(一部離島を除く)
全国どこでも迅速な対応が可能です。

メンテナンス・保守点検のお問合せ

関連記事