1.  >
  2.  >
  3. ワイヤークリップが外れて簡易リフトの扉が落下

ワイヤークリップが外れて簡易リフトの扉が落下

先日、お客様から「簡易リフトで昇降していた台車を搬出している時に、扉が落ちてきた。」というお問い合わせを頂きました。

幸い、扉は台車にぶつかっただけで、けが人はいませんでした。

扉が落ちた原因

原因を調査すると、扉のウエイトを吊るしているワイヤーロープのワイヤークリップが外れていました。

ワイヤークリップとは

ワイヤークリップとは、ワイヤーロープを留めるときに使用するU字型ボルトのことです。

ワイヤークリップとワイヤークリップの輪

▲こちらの写真では、ワイヤークリップを使って、ワイヤーロープを輪の状態にしています。

この輪を使って、扉のウエイトを吊るしています。

簡易リフトで使われるワイヤークリップ

▲扉のウエイトを吊るしている様子

扉のウエイトは、滑車を介して扉と繋がっており、扉を開いた状態に固定する役割があります。

つまり、ワイヤークリップが外れて、扉のウエイトが落ちることで、扉を開いた状態にすることができなくなり、扉が落下します。

扉が落ちた原因の調査後、再びワイヤークリップが外れるのを防ぐために、ワイヤークリップを一つから二つに増やしました。


矢印  リニューアル ピックスに戻る