1.  >
  2.  >
  3. 修理費削減と損失の軽減、リフト・エレベーターのメンテナンス

修理費削減と損失の軽減、リフト・エレベーターのメンテナンス

「リフト・エレベーターのメンテナンスをした方がいいと分かっている」けど、費用がもったいないと思っていませんか?
メンテナンスをすることで修理費削減と停止した際の損失が軽減できます。

修理費削減

リフト・エレベーターは自動車と同じように自己修復ができない機械ですので、日々動かしていると様々な部品が消耗、劣化します。

その消耗・劣化が目に見えて分かればいいですが、知らず知らずのうちに正常に動いている部品に影響を与えている可能性があります。

影響を与えられた部品は通常より早く劣化が進行し、本来だと15年使える部品が5年で故障します。
あと10年使えていたはずの部品を交換しなければならず、必要の無い修理費がかかってしまいます。

例えば、グリスが不足するとレールとガイドシューの摩擦が大きくなり、通常より早くレール・ガイドシュー・ワイヤーロープが劣化し、交換が必要になります。

停止による損失の軽減

倉庫・工場に設置されているリフト・エレベーターが故障すると、場合によっては業務が全てストップしてしまい大きな損失が発生します。

故障したとき、メンテナンスを結んでいないと修理会社は現状が分からないため状況確認後の再訪問となるケースが高くなります。

当社では、メンテナンス契約を結んでいるリフト・エレベーターの部品を在庫として保管していますが、
急な故障対応の場合は部品の流通状況を調べる必要があり、調達までに時間がかかる可能性も高くなります。

メンテナンス契約をしていると定期的な点検で不具合を早期発見できます。
不具合を発見したら修理・部品交換を業務に支障のない日程に調整することが可能となります。

修理費用を削減するためにもリフト・エレベーターの定期的な点検をおすすめします。


矢印  メンテナンス トピックスに戻る