新法に対応させて安全性を向上、戸開走行保護装置(UCMP)を導入したエレベーターにリニューアル・改修工事

power-failure

戸開走行保護装置(UCMP)について

戸開走行保護装置(UCMP)とは、国土交通大臣の認定を受けた安全システムです。
エレベーターのかごと天井の間に人が挟まる人身事故を未然に防ぐことができます。

戸開走行保護装置(UCMP)導入の背景
公共賃貸住宅でのエレベーター戸開走行事故(人がエレベーターと天井に挟まった事故)が発端となり、平成21年9月28日に建築基準法が改正され、戸開走行保護装置(UCMP)構造の導入が新設エレベーターに義務付けられました。

戸開走行保護装置の設置義務付け(令第129条の10 第3項第1号)
エレベータの駆動装置や制御器に故障が生じ、かご及び昇降路のすべての出入り口の戸が閉じる前にかごが昇降した場合、自動的にかごを制止する安全装置の設置を義務付ける。

エレベーターの挟まれ事故について

ウエイトと呼ばれるおもりの重さは、「かご+定格積載量の半分」で設計されています。
このため、人がエレベーターに1人、2人しか乗っていない時は、かごよりウエイトの方が重くなります。

エレベーターの構造

通常は、巻上機のブレーキが効いているので、かごが勝手に上がることはありません。
しかし、ブレーキに故障・不具合が発生するとブレーキが効かなくなり、ウエイトの重さによって扉が開いたまま、急にかごが上に動いてしまいます。

エレベーター事故例

エレベーターに戸開走行保護装置(UCMP)の機能を持たせることで、ブレーキや運転制御回路に故障・不具合が発生した際も独立したブレーキ、運転制御回路が直ちに働き、かごを静止させます。

戸開走行保護装置(UCMP)の働きの流れ

戸開走行保護装置(UCMP)を導入したリニューアル・改修工事について

戸開走行保護装置(UCMP)を導入することで、マンション、ビル、店舗等に設置されているエレベーターの安全性が向上し、事故を未然に防ぐことが可能です。

マンションのエレベーターにおいては、住民の居住空間の一部であり、日常生活の足です。マンション内で事故が発生すると、住民に不安を与え、資産価値に悪影響を及ぼします。安全対策を怠っていた場合は、マンション管理組合やビルオーナーに対して民法上の損害賠償責任が発生する可能性があります。

戸開走行保護装置(UCMP)工事箇所

戸開走行保護装置(UCMP)設置の工事内容

エレベーター・リフト工事中

主な工事箇所

  • 戸開走行保護回路の設置
  • 着床装置を追加
  • 巻上機のブレーキを2重化  等

工事期間
約2~6日間
※停止階数、環境によって工事期間は変わります。

エレベーターを安全・快適に使用するためには、戸開走行保護装置(UCMP)の導入だけでなく、巻上機、ドアロック、リミットスイッチ、等の装置が正常に動作していなければなりません。 当社では、無料で現在ご使用中のエレベーター部品を調査します。「不具合は起きていないか」「正常に動作しているか」を確認します。 交換が必要な部品が見つかれば、戸開走行保護装置(UCMP)の導入と合わせてご提案します。

人   リニューアル・改修工事の流れ

リニューアル・改修工事の流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国対応!現地調査・見積り・図面は全て無料です。
リフト・エレベーターのリニューアル・メンテナンスのことなら、お気軽にご相談ください。

アイニチは、東京・大阪・名古屋・福岡の全国4箇所の拠点だけでなく、
専門会社とパートナーシップを結び、全国すべての都道府県をカバーしています。(一部離島を除く)
全国どこでも迅速な対応が可能です。

リニューアル・改修・修理のお問合せ

現地調査・見積もり・図面は全て無料です。
リフト・エレベーターのリニューアル・交換を考えているけど、あまりわからない・・・
そんなお客様もご安心ください。
全国対応の当社スタッフがスピーディーに駆けつけます。
創業・昭和29年の実績とノウハウを駆使し、お客様それぞれのリフト・エレベーターに合ったリニューアル・交換をプロの目線でご提案させていただきます。
リフト・エレベーターのリニューアル・交換だけでなく、 新規設置・メンテナンスに関することもお気軽におたずねください。

関連記事