エレベーターから簡易リフトへリニューアル・交換事例

renewal-case-kequipment

エレベーターを簡易リフトに全撤去リニューアルしました。
K設備様では、エレベーターを長い間使用しており、老朽化のためリニューアル・交換の必要がありました。

打合せの中で「低コストでリニューアルしたい、毎年の維持費を下げたい、人は乗れなくてもいい」
という話になったため、低コストでリニューアル可能な荷物用リフト(簡易リフト)にリニューアル・交換しました。

さらに撤去費用を抑えるためにエレベーターの巻上機は、機械室に残したままにしています。

リニューアル内容
昇降機の種類 エレベーター・簡易リフト
場所 倉庫
リニューアルプラン 全撤去リニューアル
主なリニューアル箇所 扉、かご、巻上機、リミットスイッチ、ドアロック、操作盤スイッチ

新しく簡易リフト設置をお考えのお客様はこちら
※当社運営のリフト・エレベーター新設サイトに移動します。

既存のエレベーターを撤去している様子です。
エレベーターの撤去は、高所作業・危険作業が伴うため熟練された職人が作業を行います。

エレベーター撤去作業1 エレベーター撤去作業2

エレベーター撤去作業3 エレベーター撤去作業4

コスト削減のためにリニューアル前に使っていたエレベーターのレールは、そのまま再利用しました。

Before

レール1
レール2

新しくメインマシン(巻上機)を設置するためにビーム受梁を取り付けています。
巻上機は、かごを動かす(昇降させる)装置です。長いこと使用して不具合が発生するとブレーキのききが悪くなりカゴと床の間に段差ができたり、異音や振動、油漏れの原因となります。

After

ビーム受け梁
ビーム受梁

さきほどのビーム受梁に巻上機を取り付けました。
この上の機械室にはリニューアル前にエレベーターで使われていた巻上機が残されています。

巻上機 メインマシン

モーター ホイストマシン

続いて簡易リフトの安全装置を紹介します。こちらがリミットスイッチです。
扉が開いているとき、かごが動かないうようにする安全装置です。人の挟まり事故を防ぎます。

リミットスイッチ リミットスイッチ

こちらはドアロックです。ドアロックは、かごが到着していないときにドアをロックする働きがあります。
こちらも人の挟まり事故を防ぐための安全装置です。

ドアロック ドアリミット

こちらはガイドレール給油機です。
レール摩擦低減のためにオイルを供給し続けます。

ガイドレール給油機1 ガイドレール給油機2

エレベーターから簡易リフトへのリニューアル工事が終わりました。
新しくなることで長く安心・快適に使用できるようになります。

簡易リフト1 簡易リフト2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国対応!現地調査・見積り・図面は全て無料です。
リフト・エレベーターのリニューアル・メンテナンスのことなら、お気軽にご相談ください。

アイニチは、東京・大阪・名古屋・福岡の全国4箇所の拠点だけでなく、
専門会社とパートナーシップを結び、全国すべての都道府県をカバーしています。(一部離島を除く)
全国どこでも迅速な対応が可能です。

リニューアル・改修・修理のお問合せ

現地調査・見積もり・図面は全て無料です。
リフト・エレベーターのリニューアル・交換を考えているけど、あまりわからない・・・
そんなお客様もご安心ください。
全国対応の当社スタッフがスピーディーに駆けつけます。
創業・昭和29年の実績とノウハウを駆使し、お客様それぞれのリフト・エレベーターに合ったリニューアル・交換をプロの目線でご提案させていただきます。
リフト・エレベーターのリニューアル・交換だけでなく、 新規設置・メンテナンスに関することもお気軽におたずねください。

関連記事