ガイドシューの不具合による症状

guideshoe

▲ガイドシューのメンテナンス(ネジをとめている)様子

長く使用しているとシュー自体の摩耗、シュー取付ネジの緩みによって、かごが走行中に大きく揺れたり、異常音がします。

※かごが大きく揺れると昇降路内の部品に接触し、故障の原因となります。

ガイドシューとは

かごが位置がずれないよう安定的に昇降するために必要なコの字型の部品(T字型のレールに挟み込む)です。
昇降機・エレベーターのかごをガイドレールに沿って動くように案内します。

ガイドシューと同じ働きをする部品に、ガイドローラーがあります。
ガイドローラーは、高速エレベーターを中心に採用されていますが、こちらも長く使用しているとローラーの表面が磨り減ったり、軸の油切れによって、振動や異音が発生する可能性があります。

ドアガイドシューの修理事例

簡易リフトのドアガイドシューが破損したため、新しく取り替えました。


ドアガイドシューの修理前(左写真)と修理後(右写真)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国対応!現地調査・見積り・図面は全て無料です。
リフト・エレベーターのリニューアル・メンテナンスのことなら、お気軽にご相談ください。

アイニチは、東京・大阪・名古屋・福岡の全国4箇所の拠点だけでなく、
専門会社とパートナーシップを結び、全国すべての都道府県をカバーしています。(一部離島を除く)
全国どこでも迅速な対応が可能です。

リニューアル・改修・修理のお問合せ

関連記事