エレベーターのリニューアルでは「確認申請が必要かどうか」が重要になる

maker-independence-difference

エレベーターのリニューアル・改修工事をする場合、”リニューアルプラン”によっては、確認申請が必要になります。

この「確認申請が必要かどうか」は、重要です。

なぜなら、確認申請の要否によっては、現行の法令に合致させる必要があり、リニューアル内容や費用が変わってくるからです。

エレベーターのリニューアルプランについて

当社では、「制御リニューアル」「部分リニューアル」「全撤去リニューアル」の3つのプランを用意しています。

各リニューアルプランと確認申請の要否は、次のとおりです。

制御リニューアル 部分リニューアル 全撤去リニューアル
交換する機器 部分リニューアル画像 部分リニューアル画像 全撤去リニューアル画像
確認申請が必要かどうか 必要のない場合が多い。 必要になる場合が多い。 必要になる。

この内、確認申請が必ず必要になるのが、”全撤去リニューアル”です。

全撤去リニューアルとは、今あるエレベーターを全て撤去して、新しいエレベーターを設置するプランです。

確認申請が必要なケースについて

全撤去リニューアル以外のプランで、確認申請が必要になるケースは次のとおりです。

  1. 機械室を移設する。
  2. エレベーターを全部取り替える。※一般的に、レール、三方枠を残す場合も、全部取り替えるとみなされる。
  3. エレベーターの用途を変更する。(例:人荷用エレベーターから乗用エレベーターに変更)
  4. 定員、積載量または速度を変更する。(例:昇降速度を45m/minから60m/minに変更)
  5. 昇降行程を延長する。

※「確認申請が必要かどうか」については、各特定行政庁により判断がわかれます。

なぜ、「確認申請が必要かどうか」が重要になるのか?

まず、最初に知ってほしいのが、古いエレベーターは、「既存不適格」の可能性が高いことです。

エレベーターにおける既存不適格とは、「エレベーター設置当時は法令に合致していたが、その後の法改正により、法令に合致しなくなったエレベーター」です。

既存不適格のエレベーターは、現在の法令に合致しないからといって、違法にはなりません。(建築基準法第3条2項「適用の除外」)

しかし、エレベーターのリニューアルで確認申請が必要になった場合、既存不適格の是正を求められる場合が多くなります。

例えば、現行の法令では、エレベーターに「戸開走行保護装置」「地震時管制運転装置」「予備電源(停電時自動着床装置など)」を設置することが義務付けられていますが、2009年以前は義務付けがありませんでした。

そのため、2009年以前のエレベーターをリニューアルする際は、「既存不適格の是正」のため、それらの装置(戸開走行保護装置、地震時管制運転装置、予備電源)を設置しなければならない可能性があります。

当然、その分、エレベーターのリニューアル費用も上がってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国対応!現地調査・見積り・図面は全て無料です。
リフト・エレベーターのリニューアル・メンテナンスのことなら、お気軽にご相談ください。

アイニチは、東京・大阪・名古屋・福岡の全国4箇所の拠点だけでなく、
専門会社とパートナーシップを結び、全国すべての都道府県をカバーしています。(一部離島を除く)
全国どこでも迅速な対応が可能です。

リニューアル・改修・修理のお問合せ

現地調査・見積もり・図面は全て無料です。
リフト・エレベーターのリニューアル・交換を考えているけど、あまりわからない・・・
そんなお客様もご安心ください。
全国対応の当社スタッフがスピーディーに駆けつけます。
創業・昭和29年の実績とノウハウを駆使し、お客様それぞれのリフト・エレベーターに合ったリニューアル・交換をプロの目線でご提案させていただきます。
リフト・エレベーターのリニューアル・交換だけでなく、 新規設置・メンテナンスに関することもお気軽におたずねください。

関連記事